ベトナム テトフェスティバル体験レポ

ベトナムをはじめ、アジア諸国には旧正月を祝う風習があります。中国には旧正月を祝う風習として「春節」があるように、ベトナムには「テト」があります。日本では年末年始をお正月として祝いますが、日本以外のアジア諸国は旧正月を祝う国が多く、旧正月になるとベトナム全土はテトフェスティバル一色になります。

ベトナムは長い歴史を持つ国で、テトにも長い長い歴史があります。ベトナム人にとって、とても大切なイベントであるテトの風習やならわし、歴史などをご紹介しつつ、実際に行われた各地のお祭りの体験をレポートします。

このサイトでは、ベトナムの中でも特に古い風習や文化を色濃く残しているハノイにスポットを当て、ハノイのテトを通じてベトナム文化に深く触れて頂きたいと思います。

テトフェスティバルとは?

2018年の旧正月は、2月16日から2月21日です。この時期は旧正月を祝う国々にとっては特別な期間となりますが、ベトナムでは旧正月を「テト」というお祭りで祝います。

2018年の旧正月は2月16日からなので、2月15日が大晦日ということになります。2018年は、その大晦日も含めて2月14日頃からベトナム全土はテトの雰囲気に覆われ、いつもとは違う雰囲気になりました。

テトは国民的行事なので、この期間のハノイは旧市街などの商店や観光地の人影は少なくなります。また、営業しているガイドやドライバー、レストランなどの料金は2、3割アップします。これらの点は日本のお正月と良く似ていますので、この時期にベトナムを訪れる方はあらかじめご承知下さい。

日本にもお年玉という風習がありますが、ここベトナムのテトにもあります。但し、日本のお年玉と違うのは、知らない相手にお年玉をねだるところです。たとえ相手が外国人旅行者であっても関係なくおねだりをしますので、この時期にベトナムを訪れる方はビックリしないで下さいね。

最後に、ハノイはベトナムの北部にあります。ベトナムは温暖な国ですが、この時期になるとベトナムと言っても北部は5度くらいまで気温が下がります。テトの時期にハノイを訪れる際には、くれぐれも防寒着をお忘れなく。

コメント

このブログの人気の投稿

ベトナム テトフェスティバル体験レポ

テトのお店紹介