ベトナム テトフェスティバル体験レポ

ベトナムをはじめ、アジア諸国には旧正月を祝う風習があります。中国には旧正月を祝う風習として「春節」があるように、ベトナムには「テト」があります。日本では年末年始をお正月として祝いますが、日本以外のアジア諸国は旧正月を祝う国が多く、旧正月になるとベトナム全土はテトフェスティバル一色になります。

ベトナムは長い歴史を持つ国で、テトにも長い長い歴史があります。ベトナム人にとって、とても大切なイベントであるテトの風習やならわし、歴史などをご紹介しつつ、実際に行われた各地のお祭りの体験をレポートします。

このサイトでは、ベトナムの中でも特に古い風習や文化を色濃く残しているハノイにスポットを当て、ハノイのテトを通じてベトナム文化に深く触れて頂きたいと思います。

テトのお店紹介

テトが近くなるとハノイ市内はテト準備の人の買い出しによってどのお店も大忙し。普段から店舗で営業している商店に加えて、路上で露店を営む人も現れて、町はさらに活気を増します。しかし、よく見てみると料理店などは普段に比べると閑散としていて、その代わりにテトの準備に関係のあるお店が大忙しになっていることが分かります。

露店は果物や野菜などの食べ物を売る人が多いのですが、食べ物の中でもオーマイやミカンなど、テトの間に食べる正月料理に関わりがあるものもたくさんあります。

中には子供用のウィッグやテトで故郷に帰る人のための縁起物や小物、おもちゃなどを売る露店もあって、ハノイ市内が一年で最も慌しい雰囲気に包まれます。

ここでは、忙しく働くこれらのお店にインタビューを行ったものも含めて、色々なお店をご紹介します。

コメント

このブログの人気の投稿

ベトナム テトフェスティバル体験レポ

テトフェスティバルとは?