ベトナム テトフェスティバル体験レポ

ベトナムをはじめ、アジア諸国には旧正月を祝う風習があります。中国には旧正月を祝う風習として「春節」があるように、ベトナムには「テト」があります。日本では年末年始をお正月として祝いますが、日本以外のアジア諸国は旧正月を祝う国が多く、旧正月になるとベトナム全土はテトフェスティバル一色になります。

ベトナムは長い歴史を持つ国で、テトにも長い長い歴史があります。ベトナム人にとって、とても大切なイベントであるテトの風習やならわし、歴史などをご紹介しつつ、実際に行われた各地のお祭りの体験をレポートします。

このサイトでは、ベトナムの中でも特に古い風習や文化を色濃く残しているハノイにスポットを当て、ハノイのテトを通じてベトナム文化に深く触れて頂きたいと思います。

花火

旧正月のお祝いと言えば、かつては爆竹でした。これは現在でもチャイナタウンなどに残っている風習ですが、ベトナムでは1995年に危険という理由で爆竹が禁止されているため、その代わりに花火大会が催されるようになりました。

旧暦の大晦日深夜、つまり旧暦の1月1日になる瞬間にハノイの各地では15分間盛大に花火が打ち上げられます。その光景は夏になると日本各地で開催される花火大会に良く似たもので、言わば真冬の花火大会です。

コメント

このブログの人気の投稿

ベトナム テトフェスティバル体験レポ

テトフェスティバルとは?

テトのお店紹介