ベトナム テトフェスティバル体験レポ

ベトナムをはじめ、アジア諸国には旧正月を祝う風習があります。中国には旧正月を祝う風習として「春節」があるように、ベトナムには「テト」があります。日本では年末年始をお正月として祝いますが、日本以外のアジア諸国は旧正月を祝う国が多く、旧正月になるとベトナム全土はテトフェスティバル一色になります。

ベトナムは長い歴史を持つ国で、テトにも長い長い歴史があります。ベトナム人にとって、とても大切なイベントであるテトの風習やならわし、歴史などをご紹介しつつ、実際に行われた各地のお祭りの体験をレポートします。

このサイトでは、ベトナムの中でも特に古い風習や文化を色濃く残しているハノイにスポットを当て、ハノイのテトを通じてベトナム文化に深く触れて頂きたいと思います。

テトのお祭り・イベント紹介

テトの時期になると、ベトナム全土がお祭りムード一色になります。実際に各地では色々なお祭りが開催され、それぞれのお祭りで新年を祝います。

ベトナムは非常に歴史の古い国で、11世紀頃からすでに現代のベトナムのルーツとなるような王朝があったとする記録が残っています。そのため、ベトナム国内の各地にはそれぞれの王朝や王様にちなんだ神社やお城などが点在しており、テトフェスティバルとして各地で開催されるお祭りはこれらの王朝や王様などにちなんだものが多く見られます。

古くから周辺各国との戦争を多く体験しているベトナムの歴史はお祭りにも影響しており、数百年前の戦争に勝利したことを祝うお祭りなどが現在にも伝わっているのは、お神輿やお神楽などで「神様に喜んでもらう」ことを目的とした日本のお祭りとは異なる点です。

ベトナムのテトを色で表現すると赤になります。これはテトの時期のベトナムが真っ赤に染まることで一目瞭然ですが、その色彩は各地のお祭にも見ることが出来ます。中国文化の影響を色濃く残しているので、赤を基調とした原色の色彩は日本のお祭りにはあまり見られない色彩です。

コメント

このブログの人気の投稿

ベトナム テトフェスティバル体験レポ

リム祭 /Le Hoi Lim

テトフェスティバルとは?